ご利用ガイド / 利用規約

モバイルオーダーシステム アーチのご利用プランについて

アーチのご利用は定額課金のシステム利用料契約となります。
ご利用にあたっては、当サイト注文ページより自動定額課金契約の申し込みが必要です。
お申込みを頂くと、原則15-30営業日以内にセット内容に記載された商品をご指定の住所までお届けします。
※ 初回申込時に初期費用とシステム利用料を頂戴しております。

お申込時の初回お支払い額について

お申し込み時の初回請求額は、プラン毎にそれぞれ a), b),c) の合計金額となります。

アーチモバイルオーダープランの場合

  • a) 初期導入費用:25万円
  • b) 月額利用料 (6,800円) × 12ヶ月分
  • c) オプション端末費用:契約者様のご要望による

アーチモバイルPOSプランの場合

  • a) 初期導入費用:30万円
  • b) 月額利用料 (7,800円) × 12ヶ月分
  • c) オプション端末費用:契約者様のご要望による

※ご契約期間は最低1年間(12か月)となります。
※上記の価格は税別表記となりますので別途消費税がかかります。

定額課金の更新のタイミング

口座振替(Paid決済)によるお支払いの場合、毎月23日に銀行引落となります。
クレジットカード決済(ロボットペイメント決済)によるお支払いの場合、毎月26日に引落となります。
初期導入費用のお支払いに関しては、都度ご請求による銀行振り込みとなります。

お申し込みから12ヶ月後に自動的に決済が行われ契約は自動更新されます。

お支払い方法について

クレジットカード VISA,Mastercard,JCB,AMEX及び口座振替のご利用が可能です。

定額課金の解約について

本サービスの利用契約は自動更新です。
解約をご希望の場合は解約申請フォームより、解約のご連絡をお願いいたします。
WEBページでの解約手続きをもって正式な契約解除となり、課金は打ち切られます。
(導入後、1年未満の店舗は、残り期間数の月額利用料の請求がございます。2年目以降は2か月前申請による解約受理ですので、解約手続きから2か月間は課金されます。)
※契約更新月の2か月前までに解約申請を確認できなかった場合、課金は継続されますのでご注意ください。解約は、解約の通知を利用者が当方に行った日から2か月後に効力が発生します。
例)1年契約の解約月が8月31日であった場合、2か月前の6月30日までに解約申請をしてください。
尚、契約期間が1年未満の利用者は、解約をしても、契約日から1年間が経過するまで、利用料金を支払う義務を負います。
ご契約期間中に中途解約した場合、残存期間分の費用を一括でお支払い頂くものとします。

サービス利用環境について

  • 利用者は、本サービスを利用するための利用端末、電子機器、通信機器、ソフトウェア、インターネット接続環境を自己の責任と費用で準備するものとします。
  • 本サービスを利用するあたり発生する通信費等は、利用者が負担するものとします。

その他

  • お支払い済みの代金については、次回課金日までの残り期間にかかわらずいかなる理由であっても返金できかねますのでご了承ください。
  • 利用者が注文したハードウェア(以下「本件ハードウェア」といいます。)の販売代金に関して、利用規約中の本サービスの利用料金に関する規定(第5条第6項、第6条および第7条)を準用します。
  • 当方は、利用者が、本件ハードウェアの受取を怠りもしくは拒んだ場合、長期不在により受取りが不能の場合または配送先不明の場合、その他利用者の都合により本件ハードウェアを受け取ることができない場合に関しては、利用者が登録する連絡先に連絡することおよび本件ハードウェア購入の際に指定された配達先に本件ハードウェアを持参または配送することにより、本件ハードウェアの引渡債務を履行し、当該債務から免責されるものとします。
  • 利用者が本件ハードウェアの販売代金の支払いを遅延した場合、当方は、本サービスの提供を停止することができるものとします。
  • 利用者が本件ハードウェアを故意または有過失で故障・破損した場合、または故障・破損したハードウェアが保証期間を経過していた場合、当方は無償による修理をお断りいたします。また、利用者が本件ハードウェアを使用できなかった場合であっても、理由の如何を問わず、当方は利用者に対し、それを原因にして発生した損害を賠償する責任を負いません。

利用規約

株式会社OKINAWA RESORT LAB(以下「当方」といいます。)は、以下の規約(以下「本規約」といいます。)を定め、本規約に従い、「aachii MobileSystem」(以下「本サービス」といいます。)を提供します。また、本規約の他、本サービスのご利用ガイド、ヘルプ、プライバシーポリシー規則等の記載も、本規約の一部として適用されます。

第1条【定義】

本規約における用語の定義は以下のとおりとする。

  • 本サービス
    利用者が、当方の運営するモバイルオーダーウェブシステムを通じ、自己の店舗で飲食物等の注文を受け、飲食店等の運営を簡易化することのできるサービス(詳細は、当方のホームぺージに掲載します。)
  • 利用者
    当方が定める手続に従い、本規約を全て確認・承諾した上で、当方と本サービスの利用契約を締結しようとする者または締結した者の総称
  • 注文者
    利用者の店舗にて、本サービスを通じて、飲食物等を注文しようとする者、または注文した者の総称

第2条【本規約の変更】

当方は、当方が必要と判断する場合、本サービスの目的の範囲内で本規約を変更できます。利用者が本規約変更後に本サービスを利用した場合には、変更後の本規約に同意したものとみなします。

第3条【本サービスの利用契約】

  • 利用者は、本サービスの利用を希望する場合、当方が別途定める手続に従って、利用申込みをするものとします。
  • 利用者が、本規約および申込み内容その他の情報を確認・承諾の上、登録する旨のボタンをクリックし、その後、当方から、当方所定の方法により、当該申込みを承諾した旨の通知を発信した時点で、利用者と当方との間に本サービスに関する利用契約が成立するものとします。
  • 利用者は、当方が、前項に定める申込みについて、承諾しない場合があることを予め同意するものとします。なお、当方は利用者に対し、不承諾の理由を説明する義務を負わないものとします。
  • 利用者が未成年者である場合、利用者は当方に対し、当方が別途定める方法において、当該利用者が本サービスを利用することについての法定代理人の同意書を提出するものとします。
  • 利用者は、本サービスの利用申込みの時点で本規約の内容を承諾したものとみなします。

第4条【申込み情報の変更】

利用者は、利用申込み時に入力した氏名、住所その他当方に届け出た事項の全部または一部に変更があった場合には速やかに当方に連絡するものとします。なお、当該連絡がなされた場合でも、当該連絡前にすでに手続がなされた取引はその前の情報にもとづいて行われるものとします。

第5条【利用料金等】

  • 本サービスの利用料金および利用料金の発生日は、ご利用ガイドでご確認ください。
  • 本サービスは、月額課金サービスとなります。
  • 利用者が、契約終了を希望する日から遡って2か月前までに、第8条の規定に従い、解約しない限り、本サービスの利用契約は原則自動的に更新されます。
  • 前項により本サービスの利用契約が自動的に更新される場合、利用料金は、契約期間終了日が経過した時に、利用者が利用登録の際に指定した支払方法により自動的に決済されるものとします。
  • 本サービスの利用契約締結日から起算し、契約期間が1年未満の利用者は、その間に解約をしたとしても、当該締結日から1年に満つるまでの期間、利用料金の支払い義務を負います。
  • 利用者は、当方に対し、理由の如何を問わず、支払い済み利用料金の返還を請求することはできないものとします。なお、第11条第1項各号に基づき、当方が本サービスの提供を停止したときもこれと同様とします。

第6条【支払方法】

  • 本サービスの利用料金の支払いに関しては、利用者本人名義のクレジットカードによる支払い、銀行振込その他当方が定める支払方法による支払いに限るものとします。
  • 本サービスの利用料金の決済手数料は、当方が負担するものとします。
  • 本サービスの利用料金がクレジットカードで支払われる場合は、利用者がクレジットカード会社との間で別途契約する条件に従うものとします。なお、クレジットカードの利用に関連して、利用者とクレジットカード会社の間で何らかの紛争が発生した場合は、利用者とクレジットカード会社との間で責任をもって解決するものとします。
  • 本サービスに指定される決済手段で、かつ利用者と当該決済手段を有する決済会社との間で別途契約(決済手段にかかる規約への同意を含みますが、これに限られません。)をする場合、利用者は決済会社との間で別途契約する条件に従うものとします。なお、当該決済手段に関連して、利用者と決済会社の間で何らかの紛争が発生した場合は、利用者と決済会社との間で責任をもって解決するものとします。

第7条【遅延利息】

  • 利用者が、本サービスの利用料金に基づく債務を、所定の支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、利用者は、所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%で計算した金額を遅延利息として、本サービスの利用料金その他の債務と一括して、当方が指定する方法により支払うものとします。
  • 前項の支払いに必要な費用は、利用者の負担とします。

第8条【解約】

  • 利用者は、解約を希望する場合、当方が定める方法に従い、解約の手続きを行うものとします。
  • 解約手続の詳細、注意事項等は、ご利用ガイドでご確認ください。

第9条【禁止事項】

利用者は、本サービスの利用に際して、次の各号の行為を行ってはいけません。

  • 他の利用者、第三者もしくは当方に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
  • 第三者または当方の著作権、商標権、特許権その他の知的財産権、肖像権、人格権、プライバシー権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為またはそれらのおそれのある行為
  • 公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為またはそれらのおそれのある行為
  • 本サービスおよびその他当方が提供するサービスの運営を妨げる行為
  • 当方の信用を毀損・失墜させる等の当方が不適当であると合理的に判断する行為
  • 本サービスの誤作動を誘引する行為
  • 本サービスが通常意図しないバグを利用する動作又は通常意図しない効果を及ぼす外部ツールの利用、作成又は頒布を行う行為
  • 本サービス又は当方サーバー等に過度の負担をかける行為
  • 本サービスを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他本サービスのソースコードを解析する行為
  • 本サービスに接続されたシステムに権限なく不正にアクセスし又は当方設備に蓄積さ  れた情報を不正に書き換え若しくは消去する行為
  • 本サービスを複製、譲渡、貸与又は改変する行為
  • 他の利用者のアカウントを利用する行為
  • その他、当方が不適切と判断する行為

第10条【損害賠償責任】

利用者は、本サービスの利用に関連して当方に損害を与えた場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第11条【サービスの提供の停止】

  • 当方は、次の各号に該当する場合、本サービスの提供を停止することができるものとします。
    • 利用者が利用料金等の支払いを遅延した場合
    • 本サービスの保守・点検を行う場合
    • 火災、停電等の事故が発生した場合
    • 天変地異等の非常事態が発生した場合
    • システム障害、ネットワーク障害が発生した場合
    • 当方の業務上やむを得ない事由が生じた場合
    • その他当方が必要と判断した場合
  • 前項の措置により利用者または注文者その他の第三者が本サービスを利用できないことにより生じた損害等について当方は責任を負わないものとします。

第12条【サービスの変更、追加および廃止】

  • 当方は、いつでも、本サービスの全部または一部を変更(本サービスの内容、本サービスの仕様、本サービスの利用料金の変更を含みますが、これらに限りません。)、追加または廃止することができるものとします。
  • 当方は、前項による本サービスの全部もしくは一部の変更、追加または廃止について、何ら責任を負うものではありません。
  • 当方は、第1項の規定により本サービスの全部もしくは重要な一部を変更、追加または廃止するときは、利用者に対し、相当な期間前までにその旨を通知します。ただし、緊急またはやむを得ない場合はこの限りではありません。

第13条【免責事項】

  • 利用者が本規約に違反したことによって第三者に生じた損害については、当方は一切責任を負いません。
  • 本サービスの内容および、利用者が本サービスを通じて得る情報について、その完全性、正確性、確実性、有用性その他一切の事項につきいかなる保証も行いません。
  • 当方は、利用者に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、原則としていかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。ただし、当方と利用者との間の本規約に基づく契約が消費者契約法に定める消費者契約に該当するなどの理由により免責条項が適用されない場合には、本規約のうち、当方の責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。また、本規約に基づく契約が消費者契約に該当し、かつ、当方が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、当方に故意または重過失がある場合を除いて、損害発生日からさかのぼって過去一年間に利用者が本規約に基づき当方に支払った金額をその賠償額の上限として損害賠償責任を負うものとします。

第14条【利用者の自己責任】

  • 利用者は、本サービスの利用に関連して、利用者と第三者との間で紛争が生じた場合、利用者の責任と費用において、当該紛争を解決するものとします。
  • 利用者は、本サービスを通じて、注文者に対し提供・発信するコンテンツ(メニューや商品画像等含みますが、これに限られません。)について、利用者自身で責任を負うものとし、当方は責任を負いません。第三者の権利(特に著作権等)を侵害しないようご注意ください。
  • 利用者は、本サービスの利用に関連して、および前項に規定するコンテンツに関連して、第三者に損害を与えた場合、利用者の責任と費用において、当該損害を賠償するものとします。

第15条【当方による解除】

  • 当方は、利用者が次の各号のいずれかに該当した場合、何らの通知等を行わずに、本サービスの利用契約を解除することができるものとします。
    • 本サービスの申込み情報に虚偽の情報が含まれている場合
    • 利用料金の支払いが遅延している場合
    • 利用者の信用状態が悪化し、利用料金の支払いの継続が困難である場合
    • 破産手続開始、民事再生手続開始その他の倒産手続の申立てがあった場合
    • 本規約に反した場合
    • 当方からの要請に対し誠実に対応しない場合
    • その他当方が利用者による本サービスの利用が不適当と判断した場合
  • 前項に定める解除により利用者に生じた損害について、当方は一切の責任を負わないものとします。
  • 第1項に定める解除により、解除された利用者は、解除時に期限の利益を喪失し、直ちに、当方に対し負担する全ての債務を履行するものとします。

第16条【個人情報の取扱い】

当方は、当方が別途定めるプライバシーポリシーに従い、利用者の個人情報を取り扱います。

第17条【秘密保持】

利用者は、本サービスに関連して当方が秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の秘密情報について、当方の事前の書面による承諾がある場合を除き、厳に秘密として管理し、第三者に開示してはならないものとします。なお、本条の規定は、本サービスの利用契約の終了後も5年間効力を有するものとします。

第18条【反社会的勢力の排除】

  • 利用者は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを保証します。
    • 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    • 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    • 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    • 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること
    • 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • 利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれにも該当する行為を行わないことを確約します。
    • 暴力的な要求行為
    • 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    • 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    • その他前各号に準ずる行為
  • 利用者が、暴力団員等若しくは第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項の規定にもとづく表明・保証に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、自己の責に帰すべき事由の有無を問わず、相手方に対して何らの催告をすることなく本サービスの利用契約を解除することができるものとします。
  • 利用者は、前項により本サービスの利用契約を解除した場合には、相手方に損害が生じたとしてもこれを一切賠償する責任はないことを確認し、これを了承します。

第19条【権利の帰属】

  • 本サービスに関する一切の知的財産権は、当方又は当方にライセンスを許諾している者に帰属するものとします。
  • 当方は、利用者に対し、本サービス及び提供コンテンツにつき、本サービスの利用に必要な範囲における非独占的な利用を許諾します。ただし、かかる利用許諾は、第三者に対し再使用許諾する権利を含むものではなく、また、利用者に対し、著作権その他の法令に反する使用の許諾、提供コンテンツについての知的財産権、所有権類似の権利又は自由に処分しうる権利その他の権利の譲渡又は付与を意味するものではありません。
  • 本サービスの著作権は、当方又は資料の最初の作成者が保有しています。如何なる資料も、本規約において定められている場合を除き、当方又は著作権所有者の書面による事前の承諾なく、複製、配布、再出版、ダウンロード、表示、掲示又は転送することはできません。
  • 本サービス上、当方の商標、ロゴ及びサービスマーク等(以下、総称して「商標等」といいます。)が表示される場合がありますが、当方は、利用者その他の第三者に対し、商標等を譲渡し、又はその使用を許諾するものではありません。
  • 本条での使用許可は、本条項又は条件に違反した場合には自動的に終了します。本許可が終了した場合、本サービスから入手したすべての資料、及びそれらのコピーをすべて抹消しなければなりません。

第20条【債権譲渡】

  • 利用者は、当方が利用者に対し有する債権を第三者(以下「債権譲受人」といいます。)に譲渡することがあることに、あらかじめ異議なく承諾するものとします。
  • 前項の場合において、当該債権譲渡の請求または回収に用いるため、利用者は、当方が債権譲受人に対し、利用者の氏名、住所、電話番号および債権の請求を行うために必要な情報を提供することに、あらかじめ異議なく承諾するものとします。
  • 第1項の場合において、当方および債権譲受人は、利用者への個別の通知および譲渡承諾の請求を省略することができるものとします。

第21条【事業譲渡】

当方は、本サービスに関する事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、利用者規約等に基づく権利および義務並びに利用者の登録情報その他情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、利用者たる地位、本規約等に基づく権利および義務ならびに利用者の登録情報その他情報の譲渡につきあらかじめ同意するものとします。

第22条【業務委託】

  • 当方は、本サービスの業務の全部または一部を、第三者(外国にある第三者を含みます。)に委託させて行わせることができるものとし、利用者はこれにあらかじめ同意するものとします。
  • 前項の場合において、当方が必要と判断した場合、当方は、個人情報を第三者(外国にある第三者を含みます。)に提供することができるものとし、利用者はこれにあらかじめ同意するものとします。

第23条【譲渡等の禁止】

当方は、利用者が利用者たる地位、利用者たる地位に基づき本サービスを利用する権利並びに利用者の権利または義務を第三者に譲渡、販売、貸与、承継、使用許諾その他処分をすることを禁止します。

第24条【分離可能性】

利用者規約等のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により、無効または執行不能と判断された場合であっても、利用者規約等の残りの規定は、完全に有効なものとして、引き続き効力を有するものとします。

第25条【準拠法】

本規約は日本国の法令に準拠するものとします。

第26条【協議および管轄裁判所】

  • 本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、当方および注文者または利用者は、信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。
  • 本規約に関する全ての紛争については、当方の本店所在地を管轄する裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを予め合意します。

今すぐLINEで
相談する

メールで
相談する